調査目的

「テレビ」「ゲーム」「スマートフォンや携帯電話」「スマートフォンや携帯電話、パソコン(タブレット端末を含む)によるインターネット利用」は情報・通信技術のますますの発展、いっそう進むグローバル化と少子高齢化、さらには変貌し続ける社会の中で生きる子どもたちのコミュニケーション及び学びと遊びの変化について考える上での資料に供することを調査の目的とするものです。

平成14年度より継続実施していた「テレビメディア・インターネットなど社会環境についての意識調査」の名称を見直し、平成17年度より「子どもとメディアに関する意識調査」としております。

調査対象

北海道から沖縄県までの64のち方協議会の協力を得て、小学5年生約2,400名、中学生2年生約2,400名とその保護者4,800名を対象に実施しています。

調査結果

各調査結果はこちらで販売しています。

調査サンプル

全国の会員の皆さまと児童生徒の皆さんにご協力いただいている調査研究事業について、実施前の対応検討等にご利用いただけるよう過去の調査票をサンプルとしてアップしました。

pdfファイル「 調査研究事業「子どもとメディアに関する意識調査」調査票サンプル(平成30年度実施 保護者用)」をダウンロードする(PDF:903kB)

pdfファイル「 調査研究事業「子どもとメディアに関する意識調査」調査票サンプル(平成30年度実施 小学5年生用)」をダウンロードする(PDF:839kB)

pdfファイル「 調査研究事業「子どもとメディアに関する意識調査」調査票サンプル(平成30年度実施 中学2年生用用)」をダウンロードする(PDF:839kB)