日本PTA全国協議会

東日本大震災から10年に寄せて

2021年03月11日

東日本大震災によりかけがえのない命を失われました御霊とご家族の皆様に対して深く哀悼の意を表します。
また、被害に遭われた多くの方々に衷心よりお見舞い申し上げます。

平成23年(2011年)3月11日、未曽有の災害から10年の月日が経ちました。つい先日もこの巨大地震の余震が発生し、多くの方々があのつらい経験を思い出されたのではと思うと心が痛みます。
当時、日本PTA全国協議会は、災害義援金の募金活動を行い被害が甚大であった地方協議会へお届けしました。
その後「心のきずな61キャンペーン」という名称で震災遺児・孤児を対象とした支援活動を行い、平成26年からは被災地を忘れることなく新しい支援の手を差し伸べるとの想いを込めて「日本PTA心のきずな61教育支援基金」を創設し、平成29年3月までの間、子どもたちの「心のケア」を願って他地域との交流や体験学習をはじめとする事業の支援を行いました。

あの日から10年を迎え、改めて東日本大震災の被災地の子どもたちを決して忘れることなく、また震災の記憶を風化させることのないよう、これからも全国の皆さまと心を合わせ、寄り添い歩み続けてまいります。


令和3年3月11日

公益社団法人日本PTA全国協議会 会長 清水敬介

日本PTA全国協議会 パンフレット英語版
今すぐ!家庭でできる 保護者向けいじめ対策ハンドブック
はじめましてPTA
スマホ・ケータイリーフレット
関連リンク